困ったときの〝べスト〟実感のこもったお客様の声続々 〝がん〟〝介護〟への備えしてますか?東京の教職員の声から生まれ育まれた教職員と家族のための保険ベストくらしの中のアクシデントをまとめて補償 お客様の声はこちら

お客様から頂いたありがとうの声

自転車ヒヤリ・ハッと⑧
ビニール袋でヒヤリ

10年以上前のことです。当時2歳の娘を自転車の後ろに乗せて買い物に行く途中、風でスーパーのビニール袋が道路を転がってきました。

避けようと思えば避けられたのですが、なんとなく真っ直ぐ走ってしまい、前輪でビニール袋を踏んだ瞬間、袋がツルッと滑り、娘を乗せたまま見事に道路の真ん中ですっ転んでしまいました。

娘も私も運良くちょっとした擦り傷だけで済みましたが、

車が来ていたらと思うとゾッとします。

あれから風で飛んでくるものには気をつけています。

 

自転車ヒヤリ・ハッと⑦
転倒でヒヤリ、ヘルメットでホッと

私は、スポーツタイプの自転車、所謂ロードバイクに乗っています。

時には一人で、時には仲間と走っています。

仲間と走っていたある時、前方を走る仲間のバイクに接触しそうになり、転倒してしまいました。

右側に転倒した時、最初に地面に接触したのは自転車のハンドルでした。その次に地面に接触したのは頭でした。

幸いヘルメットをかぶっていたので、大事には至りませんでしたがヘルメットはしっかりとヒビが入っていました。もしもヘルメットがなかったら、と今思うと恐ろしくなりました。転倒してヒヤリ、ヘルメットでホッとの出来事でした。(S.K)

自転車ヒヤリ・ハッと⑥
ネコふんじゃった

暗い夜道を自転車で走っていた時のことです。

突然、道路のわきから黒い生き物がピュッと目の前に飛び出してきました。

「あっ!」と思ったその瞬間、自転車のタイヤでその生き物を踏んでしまいました。

バランスを崩しながらも、とっさに急ブレーキをかけると、「ニャー」という鳴き声とともに、一匹のネコが猛スピードでどこかへ逃げていきました。

あのときのネコはどうなったかしら、怪我はなかったかしら、と、今でもときどきその時のことを思い出します。(A.W)

 

自転車ヒヤリ・ハッと⑤
青信号でも安心できない

知人と自転車で出かけた帰り道、道路を挟んで向かい側にあるおにぎり屋さんが目に留まりました。

寄って行こうと決めたところ、ちょうど横断歩道の信号が青になりました。

後ろを振り返り、知人に「おにぎりを買ってくる」と伝えながら、そのまま横断歩道を渡ろうとしました。

その瞬間、直進してきていたた自動車の側面に自転車の前輪が接触しそうになり、ヒヤリとしました。

道路横断時のよそ見は大変危険であることを身を以て実感しました。(M.S)

 

もっとみる