都教組・都障教組 自動車保険

都教組・都障教組 自動車保険 Q&A

目次

ご契約手続きについて

Q1.教職員だからって、特別な自動車保険が必要でしょうか?

Q2.教職員本人だけでなく、家族の車・バイクも加入したほうが良いのでしょうか?

Q3.加入手続きや切替が面倒ではないでしょうか?

Q4.今度2台目の車を所有することになりました。何か割引はありますか?

Q5.見積りはどうやってできますか?

Q6.今までは、週末、買い物にしか使っていなかった車を、毎日通勤に使用するようになりました。条件を変更する必要はありますか?

Q7.同居だった子どもが車を持って、別居することになりました。今後、車は子どもが主に使うことになります。同居のうちに保険はどのようにしたらいいでしょうか。

Q8.私は車を持っていませんが、友人の車を運転することがあります。その時だけ、運転できるような保険はありますか。

Q9.ゴールド免許だと、保険料が安くなるのですか?

Q10.運転者の年齢条件はどのように設定したらよいのでしょうか。

Q11.「配偶者」とは戸籍上の配偶者のみを指すのでしょうか?

Q12.バイクに任意保険は必要ですか?自賠責保険しかつけていないのですが、大丈夫でしょうか?

Q13.車の購入を検討していますが、お得な購入方法ってありますか?

Q14.加入した場合、保険料はいつどのように支払うのですか?

Q15.団体扱で加入できる条件とはなんですか?

Q16.退職すると、保険はどうなりますか?

Q17.車を買い換えました。手続きはどのようにしたらいいですか。

事故にあったときは

Q1.事故にあってしまいました。まずどうしたらいいでしょうか?

Q2.事故にあって、車が動かなくなってしまいました。

Q3.運転中、突然車のエンジンがかからなくなってしまいました。

Q4.事故にあって、相手の方がケガをしてしまいました。どのように対応したらいいでしょうか。

ご契約手続きについて

Q1. 教職員だからって、特別な自動車保険が必要でしょうか?
A1.

必要です。

 

Q2. 教職員本人だけでなく、家族の車・バイクも加入したほうが良いのでしょうか?
A2.

ご家族の車やバイクもぜひご加入ください。詳しくは下記をご覧ください。

 

Q3. 加入手続きや切替が面倒ではないでしょうか?
A3.

お手続きは簡単です。

 

Q4. 今度2台目の車を所有することになりました。何か割引はありますか?
A4.

【1】複数所有新規特則(セカンドカー割引)があります。

 

【2】2018年1月1日より「ノンフリート多数割引」が改定となり下記のように割り引きます。

台数

割引率

2台

3%

3~5台

4%

6台以上

6%

団体扱のご契約は以下の条件を満たす場合に適用できます。
①同一契約者名で2台以上の自動車を当社に同時付保すること
②各契約の始期日、保険期間、払込方法および代理店が同一であること
③ノンフリート多数割引の記名被保険者の要件を満たしていること

Q5. 見積りはどうやってできますか?
A5.

お車の車検証、現在のご契約内容等の情報をいただければお見積りさせていただきます。

詳しくは桜保険事務所までお問い合わせください。

Q6. 今までは、週末、買い物にしか使っていなかった車を、毎日通勤に使用するようになりました。条件を変更する必要はありますか?
A6.

使用目的の変更が必要です。すぐにお電話ください。

詳しくは桜保険事務所までお問い合わせください。

下記をご参照ください。

 

 

*1:始期日から1年間をいいます。保険期間の途中で「使用目的」を変更した場合はその時点から1年間をいいます。その場合は、遅滞なくご連絡ください。
*2:「業務」とは労働の対価を得るための行為をいいます(ボランティアは除きます。)。
*3:「通学」とは学校教育法に定める「学校」の登下校をいいます(高等学校・中等教育学校・大学・高等専門学校・特別支援学校・専修学校・専門学校・都道府県知事の認可を得た予備校や被服学校等)。

※「通勤・通学使用」・「業務使用」で届出の方は、「日常・レジャー使用」中の事故も補償の対象です。

Q7. 同居だった子どもが車を持って、別居することになりました。今後、車は子どもが主に使うことになります。同居のうちに保険はどのようにしたらいいでしょうか。
A7.

同居のご親族でしたら、主な運転者のご変更ができます。すぐにお電話ください。
詳しくは桜保険事務所までお問い合わせください。

等級(事故有係数適用期間含みます。)が引き継げるのは、下記の①から③までのいずれかの条件に当てはまる場合です。

  • ①配偶者間の変更
  • ②同居の親族間の変更
  • ③記名被保険者の配偶者の同居の親族への変更

別居の方(配偶者・配偶者と同居する親族を除きます。)への等級(事故有係数適用期間含みます。)の引継ぎはできません。

ご契約の車をお子様に譲渡するなど、記名被保険者(主な運転者)を変更する際には、必ずお子様が同居のうちに記名被保険者の変更手続きを済ませてください。

Q8. 私は車を持っていませんが、友人の車を運転することがあります。その時だけ、運転できるような保険はありますか。
A8.

そんなときには「ちょいのり保険」です。

詳しい説明は 東京海上日動「ちょいのり保険」

Q9. ゴールド免許だと、保険料が安くなるのですか?
A9.

お安くなります。保険始期日時点での免許の色によって保険料が変わります。

契約期間の初日時点で有効な免許証の色が「ゴールド以外」であっても、免許の更新期間(誕生日の前後1カ月)内に契約期間の初日があり、かつ、免許の更新前後のいずれかが「ゴールド免許証」である場合、免許証の色をゴールドとみなすことができます。ただし、免許の更新ハガキ(運転免許証更新連絡書)または更新前の免許証により、ゴールド免許であることを確認できる場合に限ります。その場合、コピーを添付していただく必要があります。

 

Q10. 運転者の年齢条件はどのように設定したらよいのでしょうか。
A10.

記名被保険者様ご本人・配偶者・同居のご親族のうち、もっとも若い運転者にあわせて設定してください。詳しい説明はこちら

 

ア 補償される運転者の範囲をご確認ください。

①運転者の範囲が「家族のみ」「夫婦または本人のみ」の場合は、運転者限定特約をセットすることで保険料が割安になります。お車を運転される方が補償されているかどうか、下表を参考に再度ご確認ください。限定運転者以外の方が運転中の事故は原則として補償されません。

 

イ ご契約のお車を運転される本人・配偶者・同居の親族*のうち、もっとも若い運転者の生年月日をご確認のうえ契約申込書にご記入ください。

* 本人・配偶者・同居の親族の営む事業(家事を除きます。)の従業員が、その業務のために運転するときは、運転者年齢条件が適用されますのでその方の生年月日についてもご注意ください。

 

ウ 上記「イ」で記載された方の年齢をもとに、年齢条件を下記の中からお選びください。

 

Q11. 「配偶者」とは戸籍上の配偶者のみを指すのでしょうか?
A11.

婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含みますが、以下の条件をすべて満たしている方に限ります。
①婚姻意思を有すること
②同居により夫婦同様の共同生活を送っていること
※婚約とは異なります。(婚約者は配偶者に含めません)
※戸籍上の性別が同一であるが婚姻関係と異ならない程度の実質を備える状態にある方を含みます。

Q12. バイクに任意保険は必要ですか?自賠責保険しかつけていないのですが、大丈夫でしょうか?
A12.

任意保険へのご加入をお勧めします。125cc以下の原付バイクでしたら、お車の保険に特約としてつける方法もあります。

詳しい説明はこちら

 

Q13. 車の購入を検討していますが、お得な購入方法ってありますか?
A13.

「お車購入サポート」をご利用ください

詳しい説明はPDFでご覧いただけます。(容量:1.4M)

 

Q14. 加入した場合、保険料はいつどのように支払うのですか?
A14.

現職の方の場合は、二ヶ月後に給与から引去りです。
退職者の方の場合は、口座をご登録いただき、二ヶ月後に指定口座から引去りさせていただきます。

 

[現職の方]

  • ①給与からの引去りとなります。
  • ②給与明細の「労金貯蓄金」の欄に、組合費・都教組共済掛金との合算で表示されます。

[退職の方]

  • ①ご指定の口座から引落としをさせていただきます。
  • ②通帳には次のように記載されます。
  • 都教組:NSトキョウソ 都障教組:NSトショウキョウソ
Q15. 団体扱で加入できる条件とはなんですか?
A15.

ご契約者の範囲は次の通りです。

  • ①東京都採用の小・中・特別支援・盲・ろう学校の教職員
  • ②東京都採用の小・中・特別支援・盲・ろう学校の教職員の退職者
  • ③東京都採用の小・中・特別支援・盲・ろう学校の教職員を休職し、労働組合や共済組合の業務に従事している方
  • ④東京都採用の小・中・特別支援学校に勤務しているが、他団体に出向している方

 

記名被保険者・車両所有者の範囲は次のとおりです。

  • ①ご契約者本人
  • ②ご契約者の配偶者(内縁を含みます。)
  • ③①または②の同居の親族
  • ④①または②の別居の扶養親族
  • ※「記名被保険者」と「車両所有者」のいずれもが上記①から④に該当している必要があります。
Q16. 退職すると、保険はどうなりますか?
A16.

退職後も、団体扱で続けていただけます。払込方法は口座振替に変更となります。

Q17. 車を買い換えました。手続きはどのようにしたらいいですか。
A17.

お電話で、お車の変更手続きができます。車検証をお手元にお電話ください

事故にあったときは

Q1. 事故にあってしまいました。まずどうしたらいいでしょうか?
A1.

あわてず次の対応をしてください

1. ただちに負傷者の救護を

  • ・けが人がいれば必ず「119」番へ連絡してください。
  • ・軽いけがでも診察を受けてもらって下さい。

2. 事故車を安全な場所へ移動

  • ・三角表示板などで後続車に注意喚起をしてください。
  • ・可能であれば衝突地点に目印を付けて下さい。

3. 小さな事故でも必ず警察へ届け出を

  • ・後日のトラブルを避けるうえでも安心です。
  • ・警察への届け出をしないと、「当て逃げ」「ひき逃げ」に問われることもあります。

4. 具体的な約束はしないように

  • ・「具体的なことは保険会社を通して対応します」と相手の方にお話しください。

事故のご連絡・お問合せは、下記までお願いいたします

桜保険事務所

  • 月~土9:00~18:00(除く:日祝日、12/31~1/3)
  • 他の時間:東京海上日動安心110番
  • Tel.0120-929-079
Q2. 事故にあって、車が動かなくなってしまいました。
A2.

ロードアシストにお電話ください。

事故のご連絡・お問合せは、下記までお願いいたします

ロードアシスト

Q3. 運転中、突然車のエンジンがかからなくなってしまいました。
A3.

ロードアシストにお電話ください。

事故のご連絡・お問合せは、下記までお願いいたします

ロードアシスト

Q4. 事故にあって、相手の方がケガをしてしまいました。どのように対応したらいいでしょうか。
A4.

まずは110番・119番へ連絡してください。

ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

桜保険事務所

  • 月曜日~土曜日(午前9時から午後6時)
  • (休業日:日曜・祝日、12月31日~1月3日)
  • Tel.042-467-4152