困ったときの〝べスト〟実感のこもったお客様の声続々 〝がん〟〝介護〟への備えしてますか?東京の教職員の声から生まれ育くまれた教職員と家族のための保険ベストくらしの中のアクシデントをまとめて補償「介護の補償」「がん補償」の補償金額がアップ! お客様の声はこちら 〝がん〟〝介護〟への備えしてますか?東京の教職員の声から生まれ育くまれた教職員と家族のための保険ベスト くらしの中のアクシデントをまとめて補償「介護の補償」「がん補償」の補償金額がアップ! 困ったときの〝べスト〟実感のこもったお客様の声続々

お客様から頂いたありがとうの声

自転車ヒヤリ・ハッと③
レインコートで視野が狭く

 雨の日に、レインコートを着て自転車に乗っており、普段より視野が狭く、歩道から車道に降りた時に自動車と接触寸前になりました。(T.H)

自転車ヒヤリ・ハッと②
凍った坂道で自転車はムリでした。

自転車の前かごに、分厚い本が何冊も入ったかばんを入れて、凍った坂道を下ろうとしたところ、出発した途端にバランスを崩して自転車ごと倒れました。幸いけがはありませんでしたが、危ないところでした。(M.S)

 

自転車 ヒヤリ・ハッと ①
雨の日にマンホール上でスリップ!

雨の日の自転車運転は、

思わぬところで「ヒヤリ!」とさせられます。

雨の日、傘さし運転をしている人をよく見かけますが、

安全のために、ぼくはカッパを着ています。

 

ある雨の朝、いつものようにカッパを着て

自転車に乗っていました。

通勤途中のことです。

急いでいたこともあり、

スピードを出して自転車をこいでいました。

曲がり角で、「よし、車も人もいない」と

左折したときです。

 

つるっと自転車の後輪が大きく滑りました。

マンホールの上を通ったからでした。

自転車のスピードを、

十分落としていなかったのが原因です。

 

慌ててブレーキを握ったものの、

バランスを崩して電柱にぶつかってしまいました。

 

たいしたけがもなく、自転車も壊れませんでしたが、

車が走っていたら・・・、歩行者がいたら・・・と思うと、

ヒヤヒヤしました。

 

雨の日の自転車運転や、

焦る気持ちからのスピード出しすぎ・・・。

普段以上に注意が必要な場面でした。

自分の運転を過信せず、

気をつけなければと感じました。

(H・T)

まさかの事故!!助かりました。

まさかの事故を起こしてしまい、そのときに大変親切ていねいに対応していただき、働いているときはもちろん退職してからもとても助かっています。
Aさん

もっとみる